地球温暖化と設備の関係!

How Dare You❗️
よくもそんなことが言えるわね!(化石燃料使用でCO2を散々出しておいて・・・)

ニューヨークで先日行われた、国連気候行動サミットで16歳の少女がスピーチ。それに啓発された若者が、世界中で400万人の抗議デモに発展している。

日本でも立教大学の宮崎さんを中心に活動の輪が広がり、私たちに出来ることは地球温暖化対策に取り組んでいる企業を支援すること。
逆に、重油・灯油・ガスなどの化石燃料を使用し二酸化炭素を排出し続けている企業は利用しない。

世界的にも、銀行が地球温暖化対策に熱心でない企業には融資をするべきではない。
と国連の場で発表されたのです。

環境後進国の日本、軽薄な認識しか持ってない日本人に一番わかりやすいのは、地球温暖化によって海水温度が上昇し、台風がさらに大型化、スピードは鈍化し、過去経験したことのない暴風雨を伴い、度々日本列島を襲い、取り返しのつかない被害の爪痕を残しているということです。
これらが地球規模で起こっているのです。

取り戻しのつかない期限まであと10年と迫っていることをご存知ですか!?

グレタ・トゥーンベリさんの国連気候行動サミットでのスピーチは、危機意識を持っていた大人たちに衝撃を与えたようです。

「多くの人たちが苦しんでいます。多くの人たちが死んでいます。全ての生態系が破壊されています。私たちは大量絶滅の始まりにいます。それなのにあなたたちが話しているのは、お金のことと、経済発展がいつまでも続くというおとぎ話ばかり。恥ずかしくないんでしょうか!

30年以上にわたって、科学ははっきりと示してきました。
必要とされている政治や解決策はどこにも見当たりません。

二酸化炭素排出量を10年で半分に減らしたとしても、地球の平均気温を1.5℃以下に抑えるという目標を達成する可能性は50%しかありません。そしてそれによる取り戻しのつかない連鎖反応を埋め合わせることは、制御不能になります。

あなた方は50%でいいと思っているのかも知れません。しかしその数字には、空気汚染に隠されたさらなる温暖化、そして環境正義や平等性などの要素は含まれていません。
※現時点で日本は1930年までに22〜24%の再生可能エネルギー化を国際公約。これでも世界からは大きく遅れている。

そして、私たちや私たちの子供の世代に任せっきりで、何千億トンもの二酸化炭素を吸っている。私たちは50%のリスクを受け入れられません。私たちは、結果とともに生きなければいけないのです。

私から皆さんへのメッセージ、それは「私たちはあなたたちを見ている」、ということです。
あなたたちは私に希望を求めてここにきたのですか?よくそんなことができますね!
あなたたちは空っぽの言葉で、私の夢そして子供時代を奪いました。

「気候変動に関する政府間パネル」が発表した、地球の温度上昇を1.5℃以下に抑える可能性を67%にするために残っている二酸化炭素の量は、2018年1月の時点で420ギガトンでした。今日、その数字はすでに350ギガトンにまで減っている。
なぜこれまでと同じやり方で、そしていくつかの技術的な解決策があれば、この問題が解決できるかのように振舞っていられるのでしょうか。現在の排出量レベルを続ければ、残っているカーボンバジェット(温室効果ガス累積排出量の上限)は、8年半以内に使い切ってしまいます。
しかしこの現状に沿った解決策や計画は作られないでしょう。なぜならこの数字は、とても居心地が悪いから。そしてあなたたちは、それを私たちにはっきりと言えるほど十分に成熟していない。
あなたたちは、私たちを失望させている。しかし、若い世代はあなたたちの裏切りに気づき始めています。未来の世代の目は、あなたたちに向けられている。
もしあなたたちが裏切ることを選ぶのであれば、私たちは決して許しません。
私たちはこのまま、あなたたちを見逃すわけにはいかない。
今この場所、この時点で一線を引きます。世界は目覚め始めています。変化が訪れようとしています。
あなたたちが望もうが望むまいが」

※当社が10年前から唱えているサスティナビリティ(環境保護への取組みと企業利益の一致)、持続可能な社会・企業へのシフト。
やっと日本でもその動きが大手企業はもとより、中小企業に至るまで加速し始めています。

そうしないと、地球温暖化対策を怠ったブラック企業として消費者から見放されてしまうからに他なりません。

また、そうした背景から国も補助金で支援しようとしている今、いつまでも化石燃料ボイラーを使用し続ける方がリスクといえるでしょう。