カテゴリー別アーカイブ: ブログ記事

旅館ホテルの泣き所!

今、中小企業庁の2/3補助金を狙って取り組みをしている最中です。
もちろん、従来からの資源エネルギー庁との抱き合わせも含めて、前代未聞の2/3.1/2と合わせ技での1/3 国庫補助金を取る戦略になります。

その説明や工事業者との現調、打ち合わせのための昨年からの第一次全国出張が一応、2月22日の稚内を持って終了しています。

別ルートでは、九州、中部、北陸、関東を担当する部門が大型案件に取り組みます。

旅館ホテルが今後直面する問題‼️
・長年使って来た配管がどの業者も手を付けるのを拒む。
ある現場では3社も配管業者を派遣したのにすべてお手上げ状態。
・ボイラー等の更新で既設配管に繋ぐだけのその都度それぞれの業者がやっつけの仕事を単発でしてきているから、その時々の図面も残ってなく、新規にヒートポンプを繋ぐのは簡単だけど、これだけ配管設備が老朽化しているとその先で自分のところのせいではないにしろ、水漏れや何か支障を来した場合に責任が持てないから、やりたくないというのが正直な業者すべての本音です。

全国を回っていると実際、配管を老朽化のまま使用している旅館ホテルがほとんどと言えます。そして、機器が古くなってのそこの部分だけの更新を繰り返しています。よって多かれ少なかれこのような問題に直面することでしょう。

じゃどうしたらいいのか⁈
あるべき姿は社長や役員がわからないような複雑な配管設備が本当に必要なのか、考えてもみて下さい。たかがお湯を作り、お風呂を沸かすだけなのですよ。

そこで、
・バイパス作戦です。
旧道が狭く通りづらくなってきてバイパス道路を作ったように。それでスッキリさせる。
しかし、旧道も通れるから交通緩和にもなりますよね。

そして、ヒートポンプ優先で既設のボイラーなりをバックアップに使うというハイブリッドの省エネ設備の場合、その既設ボイラーが古く、ついでに更新しようと、当然ヒートポンプが新設で優先するわけですから、バックアップに使うものは小さくて良いわけです。

4月からは、今年度の省エネ補助金、再生可能エネルギー導入のホテル旅館様も合わせて全国出張が始まります。

1月のA重油等の価格は全国平均で1ℓ80円に達しました。
さらに4月以降も値上がりが予定されています。
使用量は変わらないのに金額だけ上昇していく。

今年度こそは、積年の課題をスッキリさせたい、省エネ、再エネ設備、配管設備等の現地調査、補助金診断をやってほしいという旅館ホテル様は事前に声をおかけください。
巡回スケジュールに組み入れさせていただきます。

次くる省エネ冊子Vol.2完成!

JENI(ジェニー)たちの挑戦!

Japan Energy Next Innovation

 

ニッポンはまたやりました!シリーズを掲載した「次くる省エネ冊子Vol.2」を無料で進呈します。

 

下記のメールアドレスに

・住 所

・会社名

・お名前

・電話番号

をご記入の上、「次くる省エネ冊子」希望と明記して送信してください。

お申し込み先はこちら info@bocenter.co.jp

 

 

たとえばこの「空調輻射熱パネル」・・・

エアコン電気代が34%も安くなる。

写真の和室とリビングの間にあるのが輻射熱パネル「オールウィン」!

これは優れものですよ。

オールウィン例

普通、14畳の部屋を冷暖房しようとすると4.0kWのエアコンが必要です。

輻射熱パネルは今あるエアコンの室外機と室内機の間に連結させるだけで2.8kWのエアコンで同じ効果を生みます。

無風で嫌な冷気や暖房の乾燥もなく、冬はサンルームにいるようなポカポカ、夏はトンネルに入ったようにヒンヤリします。

写真例では4.0kWのエアコンでパネルを介して28畳が賄えています。

だから、とってもエコなのです。

 

たとえばこの太陽熱温水器・・・

お風呂のお湯やシャワー、カランのお湯を太陽熱でタダで作れてしまう。

昔あったのは、平板式、これは真空管式。

太陽の熱を20%しかエネルギーにできないのが平板式、これは太陽光発電も同じ。

真空管式は60%もエネルギーに変換できるのです。

お風呂のお湯やシャワー、カランのお湯は、360度太陽熱を吸収できる真空管式の自然エネルギーで作るのが主流です。

太陽熱温水器例

 

 

たとえばこの熱移動・・・

従来にはなかった、排熱利用の特許ヒートポンプ!

1台で冷暖房ができて、同時に給湯、風呂昇温ができる機械はこれしかありません。

しかも全て排熱を再利用しているから燃料代が掛からないのです。
特許技術で他にはない唯一の機器です。

 

エアコンの冷房時に中は冷風だけど外の室外機からは熱い空気が放出されていますね。

これは単に捨てているだけなのです。

また、暖房時にも圧縮したガスの余熱分が出ます。これもいらないから捨てていた。

ところが、この熱を水と熱交換するとタダでお湯ができるという仕組みです。

熱交換器例

平成29年度「省エネ補助金」公募開始❗️

今期は狭き門になりました。

まず、工事代を含めて1/3の補助率である「エネルギー使用合理化」通称エネ合は、4月25日~5月26日まで。

空調機やLED照明、空冷ヒートポンプ等に使用されますが、2年連続で予算額を申請数がはるかに上回り採択率50%以下という超難関です。

従って、1期で受付終了となるでしょう。

 

また、昨年度まで2年間続いた補正予算による機器代のみの1/3補助率で空調機や油ボイラー、冷温水機などに使用しましたが、今期はエネ合と同じカテゴリーの中で分類されているようで、申請時期も同じというなんとも意地悪な募集です。

これは2期目以降もあるのかどうか始まってみないとわかりませんが、旅館ホテル様においては既設は老朽化すれば必ず更新をしなければいけない代物なので、それが1/3ものお金を出してくれるわけで迷うことなく申請すべきだと思います。

 

あと、再生可能エネルギー熱利用の補助金というのがあります。

予算額は昨年までに比べて1/3以下になりました。

今期の傾向を見ていると、来年は省エネ補助金自体がなくなるかもしれません。

 

上記、2つの補助金が間に合わない、あるいは不採択になった、などの場合は、実を言うとこれが狙い目なのです。

 

補助金を取れるときに採っておきたいという施設様は、

是非、一度ご相談ください。

省エネ・再エネ診断の出張予定❗️

今日から四国、淡路島で2件訪問後、関西方面へ行きます。

 

北海道の後は上信越方面❗️

山梨石和温泉、長野飯田市、松本、白馬、野沢温泉を巡回訪問しました。

 

その後は、九州一周を終えたばかりです。

 

再エネ化のメリットがわかると現状の化石ボイラー等からの脱却が、いかに旅館ホテル経営の救世主に成り得るかを大体の施設様でご理解いただき関心を寄せられます。

 

なぜなら、化石燃料機器から更新するだけは、単なる経費であり投資回収は生みません。老朽化すれば、常に新しくしなければならず、この経費の捻出に永遠と苦しめられます。

 

ところが、

再生可能エネルギー化ができれば、現燃料代からの削減額が発生し、投資回収年数が、しかも大体の場合において2年以内になるのです。

 

まして、補助金まで1/3を支給されるとなると放置する理由が見当たりません。

 

改修後は丸々手元に残る資金のメリットは計り知れないでしょう。

 

そのためには、現地調査が必要です。

 

2017年補助金申請に向けて全国を訪問しています。

ご希望があれば、お早めにお申し出ください。

今期は北海道から❗️

2017年補助金申請に向けて

1月16日から20日まで稚内、層雲峡、網走、知床を周りました。

 

昨年というか、まだ今年度ですが12月9日最終の補助金採択で高崎、大阪、千葉で空調機工事とLED工事が追加になり1月末までに完了しなければならず、これは社員に任せて、私は来期の準備のために昨年、忙しさのあまり現地調査が完了しているにも関わらず中々行けなかった施設を再訪問して省エネ(再エネ・自エネ)化診断報告書の提出と説明に4施設まとめて行きました。

それと新規の施設を3件追加しての北海道出張でした。

 

今年は風力発電元年だと言われている年なので、北の大地は小型風力発電設備も対象になるのかなと思いました。

IMG_9683

IMG_9697 IMG_9724 IMG_9725 IMG_9730 IMG_9750 IMG_9766 IMG_9771

今期は北海道から❗️

2017年補助金申請に向けて

1月16日から稚内、層雲峡、網走、知床を周っています。

 

昨年というか、まだ今年度ですが12月9日最終の補助金採択で高崎、大阪、千葉で空調機工事とLED工事が追加になり1月末までに完了しなければならず、これは社員に任せて、私は来期の準備のために昨年、忙しさのあまり現地調査が完了しているにも関わらず中々行けなかった施設を再訪問して省エネ(再エネ・自エネ)化診断報告書の説明に4施設まとめて来ました。

それと新規の施設を2件追加しての北海道出張なのです。

省エネ補助金いよいよ受付開始!

27年度補正予算は422億円。

これはエアコン、各種空調機、R22など使用禁止になる冷媒ガス搭載の機種、冷凍冷蔵庫などの設備を更新するチャンスなのです。

これらに対して機器総額の1/3の補助金が支給されます。3/22日から公募開始ですが、今期は第二次までの募集がありますので、今からでも十分に間に合います。

 

28年度本予算は1270億円!

機器➕工事費用総額の1/3が支給されます。

タダでもらえるのです。

今年から来年にかけてA重油等が70円〜80円まで回復すると予測されています。

今こそが補助金を利用しての省エネ設備に入れ替えるチャンスです。

 

補助金採択件数、率ともNo. 1の税理士グループ省エネにお早めにご相談ください。

新年のごあいさつ‼️

昨年中は大変お世話になりありがとうございました。

今年は、地球温暖化阻止に向けての補助金は過去最高額の予算が可決し、省エネ設備導入にも拍車が掛かる見通しです。

 

つい先月にテロの直後に行われた「気候変動枠組み条約第21回締約国会議」、通称、COP21では「パリ協定」が採択されました。

IMG_2838

世界が地球温暖化阻止に本気になり出した。そうでなければ地球が滅ぶ。

文明を欲しいままに謳歌してきた人類が愚かな終焉をもたらさずに済むのか?

そのためには政策、技術、ライフスタイルなどあらゆる側面でのイノベーションが我々にも必要となる。同時に、ビジネスチャンスが必ず生まれ、裏を返せば、このような世界的な潮流に逆らう企業はリスクに晒されるだろう。

 

もはや「うち程度のところでCO2を削減したところで何の影響もないよ」などという甘えは許されないのだ。

 

ライフスタイルは、3.11の大震災や原子力発電の大事故を機に、人々の心理状態や価値観に、それまでとは比べものにならないほどの大きなインパクトを与えた。結果、エネルギー利用のあり方について、国民的議論を巻き起こすまでになり、それまで大企業や政府中心の取組みだった環境・エネルギー対策が、個人や中小企業にまで一般化する一因になった。

IMG_2839

「すでに予定されているほぼ確実な未来」を把握することである。国際条約の採択、批准から国内法が施行され、2020年には蛍光灯照明が完全に製造中止になることが決定した。

A重油や灯油、ガスなど化石燃料使用のボイラーも使い続けることにメリットはない。

 

時代の変化や進歩は、何年も前からやがてこうなる、というのはある程度見えている。

場当たり的に取り組んだ者と、未来を見通し、自身や自社にとっての理想の事業
を構想し、実現に向けて動いていた者とは、大きな差がつくことは、明白だろう。

直近でも、4月には電力小売全面自由化を迎える。

 

いち早く正確な情報を手に入れるとともに、設備担当者が目指す方向性や、そもそものエネルギー改革の必然性を正しく理解し、自社がどのような形で関与するのがよいのか構想する必要があるのです。

 

また、地方創生の必要性が叫ばれ、地域でバイオマス発電
などの再エネ利用や電力小売りをするといったエネルギー事業を創出し、地域経済を活性化していく動きが活発だ。

今年も、皆様の事業のお役に立てる情報の提供に邁進していく所存です。

融資・助成金・補助金ビジネス!

今日は表題の説明会があるというので、それを生業にしている会社というのがどういう仕組みで商売にしているのか、無料ということだしお伺いしてみました。

 

行ってビックリポン❗️

平日の日中だというのに、この大盛況は何事⁉︎

IMG_0211

資金繰りが大変で資金調達に四苦八苦というのが本音なんでしょうね。

省エネ設備の補助金にしろ、着手金30万円、成功報酬10%、不採択でも30万円は返ってこない。

 

これら国の支援策をビジネスにしている会社が全国で2万社とも言われているのには驚きました。

 

それだけ需要があるということなんですね。

しかし、こういうところの省エネ補助金は不採択の確率が高いのも事実。

 

まあ、技術の根底が理解されてないのだから無理もないのだが、

 

申し込んだ方は時間と30万円を無駄にすることになりますから大きな損失と言わざる得ませんね。

 

確かに、厚み5㎝ほどの申請書作成、難解な熱量計算とシステムフロー図など大変な作業だ。

 

さらに、提出後の各省庁からの矢継ぎ早の質問と明日までにとこちらの都合などお構いなしの修正指示、気が遠くなることもあります。

 

そして、実は採択後が一番重要で設置工事完了後の実績報告がある。

これらのコンサル会社は、ここまではやらない。やっても別料金になる。

 

ここまでをすべて完全成功報酬の10%で請け負っている当社は割に合わないなと思ってしまったのも事実です。(笑)

全国で省エネ工事相次ぐ!

すっかりブログの方はご無沙汰をしてしまった^_^;

 

2014年から今日に掛けて、当社にとっては過去最大規模の受注を頂き、特許バイオマスボイラー、特許ヒートポンプ、特許LEDなど税理士グループが全国に広げる省エネを標榜し、日本の中小企業の底力を見せたらんかい!(笑)という技術開発メーカー連携のビジネスモデルが受け入れられた結果であろうと関係者の皆様には心から感謝をしております。

 

その工事が北海道から西は山口県まで相次いだのです。

 

kabukicho1kabukicho2

新宿歌舞伎町のホテル街。当社で半分近くを手掛ける!

 

idumo1 idumo2

出雲のホテルに特許ヒートポンプ納入!

 

taiyou1

太陽光発電!

 

aidu1

会津の温泉旅館に排湯熱利用のヒートポンプ納入!

 

daigaku

大学研究施設に地中熱ヒートポンプ納入!

 

simonoseki

下関のホテルにバイオマスボイラー納入!

 

yoiti

北海道余市のホテルにバイオマスボイラー納入!

 

nagano

長野大町市の旅館にバイオマスボイラー納入!

 

shunkou

バイオマスボイラー竣工式!

 

kansya

当社代表が感謝状と記念品を贈呈される!

 

LED

インドアテニスを始め高天井用LEDは脚光を浴びるほどのスペック!

 

yamagata1 yamagata2

山形のホテルにLED工事中です!

 

税理士グループ省エネチームが編み出した、省エネ設備を最先端の技術力と補助金の獲得までの一気通貫サービスで最もお得に導入できるWiLL方式に今後もご期待ください。